Home
FAQ

日立のCPUとの関係

昨日(2019年5月12日)、オープンソースの 8bit CPU WZetaを公開しました。 WZetaは僕のオリジナルCPUなのですが、僕は1994年4月に中央研究所超高速プロセッサ部に新卒で入っているので、 日立のCPUから何か持ち出されているのではないかと考える人はあると思い、ここで説明することにしました。
結論を先に言うと、日立のCPUとは全く関係がありません。
大学の研究室はコンパイラだったのですがCPUを作りたくて日立に入りました。当時の日立にはCPUがいっぱいあったのです。 1994年4月に日立の中央研究所超高速プロセッサ部の大型コンピュータのCPUを開発するところに入りました。 入社して最初の仕事は大型コンピュータのCPUの性能を測定する仕事でした。 その部署の実体は既に事業部にあり、先輩は、わざわざ研究所まで来て、 将来、自分の仕事を奪われるような行いは、しません。 1日くらいやってきて、性能測定の方法だけ、僕に教えて後は、ほとんど放置でした。 研究所に入って、1年が過ぎようとするところで、IBMのCPUを購入して大型コンピュータを 開発する部署に異動になって、IBMのCMOS CPUと日立のメモリを接続する 電子回路シミュレーションをする仕事になりました。
つまりCPUを作りたくて日立に入りましたが、CPU開発の仕事は、していません。 会社から知識は入っていません。CPU撤退でCPUの勉強をすることはないでしょう。

ちなみに大学の研究室の同期が、その大型コンピュータのCPUを開発している部署に 2年先に入っていました。僕は修士卒だったので2年遅れなのです。 僕が研究所から異動して入ったIBMのCPUを購入して大型コンピュータを開発している部署は、 壁すらない隣の部屋にありました。しかし、その同期とは卒業以来、1度も話したことがないのです。 一切、無駄な動作をさせない会社の方針の結果と、僕は特別扱いで散々仕事をさせられていたからです。

もう1人、大学の電気工学科の同期で同じく中央研究所超高速プロセッサ部に入った人がいます。 大学の研究室は違っていて、早稲田大学の総長になったこともある白井先生の研究室の卒業生。 SHマイコンの部署に配属されています。その後、どうなったのか、僕は知らないのです。

あと1人、大学の理工学部の同期で僕と同じ事業部のプロセッサ開発センターに配属された人がいたと思われます。 大学のコンピュータサークルMIS.Wに所属しているようなうわさを聞いたことが、、、 大学のときも会社に入ってからも、全く話したことがないのです。入社式のとき、一言、ご挨拶したくらいでしょうか。 僕も所属はプロセッサ開発センターだったのですが形式だけの所属でしたので。 プロセッサ開発センターが、何を開発していたのか、あまり知らないのですが、IBMのPowerPC互換のCPUをやっていたらしい。 完成したという話は聞いていないので、途中でプロジェクトが潰れたのでしょうか?
ちなみに僕もICF3のあとIBM 4758 PCI暗号化コプロセッサーの互換製品を開発するプロジェクトに入ったのですが、すぐに潰れました。 IBMの暗号プロセッサを買って、PCIeカードにするプロジェクトで、PCIeの英語の規格書を読んで終わりました。


暗号プロセッサ OpenICF3