Home

11月2日 ICF3ってオープンなの?

はい。FPGAでSSLアクセラレータを開発するICF3-Fは商用版として クローズドにしていますが、元々のICF3はオープンソースで マイクロコードも公開しています。 ただライセンスについては、まだあまり固まっていない部分があります。 何かやってみたいという人は匿名でないアカで問い合わせてみてください。 Intelの4004をFPGAで再現した本 がCQ出版から販売されていますが、1999年のICF3のレプリカ(厳格な複製)はFPGAで再現して販売して 儲けてもらっていいように思います。僕のほうはICF3-F、ICF3-Vで手一杯で当面、自分では無理なのです。 ICF3-Fの開発が進めばモンゴメリ乗算器をはずして、1999年のモンゴメリ乗算器を取り付けるとレプリカになります。 詳細なところでは相違はいくつかありますが、その設計データを提供することは可能です。(日立関係の方は不可)

ARMの搭載されたFPGAに1999年のICF3を実装すれば、通常よりはセキュリティの高いhttpsのWebサーバになるように思います。 実際に詳細を詰めて検討しているわけではないので、ビジネスになるのかまでは、わかりませんが。



11月2日 ICF3-Vって何に使うの?

暗号プロセッサを汎用マイコンに改修しようとしているため、まだちょっとできていないが、 面白みのあるアーキテクチャなので、いけないかと思っています。 ふと思いつたのだがダウンロードしたファイルを検証するIoTとかできないかと。 PGPによる検証はパソコンでもできるが信頼した鍵が不正アクセスにより改ざんされていないか心配になる。 PGP検証専用のパソコンを用意するのは高価、そこでIoT。 ICF3-Vは暗号、ハッシュ関数の計算が得意なので有利なのです。



11月1日 ICF3は日米共同開発なの?

暗号LSI ICF3はIBMの互換機です。日米共同開発したのか?みたいに思う人も多いのです。 IBMの仕様から日立の日本人だけで開発していたと思います。 基本的な動作検証ソフトの開発は日立でしていたように思いますが、IBM互換機なのでIBM製の動作検証ソフトを最終的に利用していたのかまでは確認していません。私が最初の15システムくらいまでは製品出荷の作業をしていました。 思い出してみると開発部の部屋に外人が入って来た記憶は、ほとんどありません。 日立が雇用していたドイツ人は1人いました。



11月1日 こんなサイトも、作ってました

http://noteice.idletime.be/

暗号プロセッサ OpenICF3