Home

オープンソース暗号プロセッサOpenICF3

1999年に世界の銀行に収めた暗号LSI ICF3を2016年にオープンソースにすることを決めて サイトで公開しました。 暗号技術ということもあり2020年6月12日にライセンスを改訂。 オープンソースとして開発していける方向ではありますがプロジェクトの状態は止まっています。 Intelの4004を FPGAで再現した本 がCQ出版から販売されているようです。 ICF3(1999年)の暗号プロセッサもIBM互換のプロセッサとして世界で活躍した歴史的な暗号プロセッサです。 商用世界初のモンゴメリ乗算のアルゴリズムを実装した暗号プロセッサでもあります。 復刻版をFPGAで再現して販売することもありかと思っています。
税金を使って世界に向けて日本が開発した暗号プロセッサの資料を作ることは考えられますが、 ボランティアでもいいのかもしれません。 当面、僕のほうではSnakeCubeの開発で忙しく時間が取れない状況です。


商用暗号プロセッサSnakeCube

SnakeCubeを マイナンバーカードのICチップで使うことを政府のIdeaboxで提案 をしています。量子コンピュータによる暗号解読のリスクが読めないので、 簡潔に説明することは難しいですが、コスト的なことを正しくやれば国民にとって最善策だと僕は思っています。 Ideaboxの提案に、少し説明があるので、大筋はわかるかもしれません。
SnakeCubeの研究成果の検証という目的ではXilinx Alveo U50(約30万円)を購入したので、 マイナンバーカードで無理にする必要は、ありません。(殴られてまでやることはない) 全世界の人々が量子コンピュータの解読の脅威からクレジットカードを安全にしたいという要望が、 マイナンバーカードにSnakeCubeを搭載する理由になると思われます。
SnakeCubeは僕の発明なので政府のIdeaboxに投稿していますが、僕以外の人が勝手に税金を使えば、 僕を含めた国民から非難を浴びることになるようにするので、よろしくお願いいたします。
政府のIdeaboxに投稿していますが投稿しなくても税金の使用量はあまり変わらないだろうということで、 現時点では、税金の使用量は、ほぼゼロです。

間接的に税金に関係するかもしれないページ


オープンソースCPU ICF3-Z

ICF3-Z プロジェクトでは税金を使わないことを方針としています。 技術だけで言えば世界的なシェアを取って産業に貢献できるオープンソースのCPUだと思っています。 みなさんの理解と支援が必要です。 詳細はライセンスのページに書いているので、よろしくお願いいたします。


オープンソースCPU WZeta

WZetaもオープンソースCPUです。 税金とは無関係ですがICF3-Zと間違う人がいるため。 自分用に開発したCPUですが、技術的に面白いと思っているので公開しています。


















暗号プロセッサ OpenICF3