Home
2023年
2022年
2021年
2020年

1月27日 産業スパイ、動画配信サイトを過負荷攻撃

産業スパイが動画配信サイトiwaraの動画を過剰に再生させるサイバー攻撃をしている。 似たようなサイバー攻撃を動画配信サイト以外でも行っている疑いがあるため、 Webサイトを運営者は産業スパイに注意したほうが良いかもしれません。
僕は動画配信サイトiwaraで気に入った動画をFantiaやPatreonで購入しています。 Patreonでは動画ファイルの配信にMegaを利用している人が多いです。 しばしば深夜3時過ぎにMegaでダウンロードしながらiwaraで動画を見ることをしています。 ブラウザでMegaからダウンロードした場合、ダウンロード完了時にファイル ダイアログが開くのですが、このタイミングをサイバー攻撃でiwaraの動画再生開始に合わせます。 するとダウンロードしたファイルを適切な場所に保存するために数十秒かかるので、 iwaraの動画を数十秒無駄に再生することになる。

数十秒は短いですが毎回、サイバー攻撃されると僕の1カ月の合計利用時間を問題にできるくらいには、 なると思われます。もし産業スパイが利用時間の長い人を取り締まっていたら問題でしょう。

また、このサイバー攻撃を全員に対して行へばiwaraの通信経費を圧迫することが可能です。

例えば、こんなことが可能。産業スパイが、通信経費を受け取る人から、 お金をもぎ取って、iwaraにお金を入金、その対価として産業スパイは微妙にいたずらを するのですが、この微妙ないたずらが、いたずらをされる側では、 思ったよりは大きな問題を起こすということをする。


1月26日 半導体開発で大きく節電する案

SNSのTL上にNHKの番組を斡旋する投稿があった。地デジの録画器機のリモコンの ボタンが2回に1回くらいしか有効にならない魔法をかけられてしまって 地デジ放送を見なくなったのだけど、タイトルに釣られて生放送を見ました。

NHKスペシャル「半導体 大競争時代 第1回 国家の“命運”をかけた闘い」
NHK 総合 1月22日(日)夜 9:00~/
[再放送]1月26日(木)午前 1:10~ ※水曜深夜

YouTube動画もNHKの公式チャネルから配信されているようです。 公式チャネルのヘッダー画像が「ワルイコあつまれ」なのは、ちょっと気になりますが。
https://youtu.be/AQz9dwKP-yE

一般向けの番組なので技術的な情報が少ないです。 エンジニアの方だと退屈だと思うので無理に視聴することもないです。 要するに米国IBMの世界最先端半導体のライセンスを日本が受けて 日本で最先端半導体を作る方向になっている。

番組の話はここまでで、 次は20年以上前に僕が日立の大型コンピュータにIBMのCPUを導入する 仕事をしていたときの話。

1996年ごろ日立の半導体設計部(開発第一部 第一グループ)で僕1人、 IBMの半導体デバイスの回路シミュレーションなどをやっていました。 IBMの半導体デバイスは日立の半導体デバイスと比較してスイッチング速度が 速いだけでなく優れた特性を持っていたので、機密情報になっていた。 このため限られた人しか取り扱うことができず、 日立の半導体デバイスと接続するための評価に僕が活躍したという話です。

さて本題の半導体開発で大きく節電する案です。
僕は半導体設計では実績がありますが製造はあまり詳しくありません。 なので節電効果がどのくらいあるのか、わかりませんが、 大きく節電できる場合もありそうです。 今年の冬も政府から節電要請が出ています。 検討すべきのような気がしています。

最先端の半導体を開発するためには製造されたチップが安定して 動作することを確認する必要があります。

最先端半導体のチップを搭載したSSLアクセラレータであれば データセンターで安定動作していることを確認しながら 実際のhttps接続として使えます。 大きく節電できるかもしれないということです。

量子コンピュータの進歩により公開鍵暗号が解読されるリスクが増加しました。 量子コンピュータ対策された新しい公開鍵暗号よりもRSA暗号を使い続けたいこともあると思われます。 RSA暗号を使い続けるためには、なるべく鍵長を大きくしたほうが安全です。 ただし計算量が膨大なものとなります。ここにSSLアクセラレータを導入します。 SSLの演算の全てが署名ではありませんが、署名は検証することが可能なので 最先端半導体チップが宇宙線などによるソフトエラーでエラーを起こしても、 確実にチェックできて、しかもRSAの場合は検証処理は非常に軽い。

この節電案は、僕のSnakeCube が必要なので、僕を立ち上げて暗号プロセッサSnakeCubeの開発を考えられる 状況にしなければ大きく損失が出る可能性がある新しい案件です。

2020年11月にSSLアクセラレータを自力で開発するためXilixの Alveo U-50を33万円で購入 しました。ところが産業スパイに妨害されたため開発作業を継続できなくなりました。 このためSSLアクセラレータの設計開発にかかる税金が増大する予想です。 税金が増大する問題を追及して産業スパイを僕から剥がしましょう。 産業スパイが入るとまともな交渉にならないです。

産業スパイいわく産業スパイの力があれば米IBMとの通話料が安くなると 言っているけど、少なくとも僕にかかわるところで産業スパイを間に挟むと 問題しか起きない。つまり周囲が力を入れて僕から産業スパイを剥がさないと、 この節電案はうまくいかない。 RSA以外を使うことも考えられるけど楕円曲線は演算量が少ないのでRSAだと思う。 つまり潰された僕の処遇を正しく考えることを真剣にやらないといけない。

政府はこの最先端半導体に大きな予算を計上しています。 また節電要請をしなければいけない状況です。 この節電案を真剣に考えるべきだと思います。

僕は親に支給される年金によって補助されています。 親を殴って僕を制御している人をどうにかしなければいけない。 RSA 7680bitのマイナンバーカードを作れば楕円曲線に移行する必要がなくなって、 歳出が減り、年金事務所が助かると考える人もある。


1月23日 中国がRSAを解読したニュース、まだ大きな鍵は無理

1月13日に中国がRSA暗号を解読したというニュースについて
MSN記事 中国が量子コンピュータで「暗号の壁」を破る?
原文はForbesでMSNの他、Yahooなどでも引用されている状況のようです。
----------------------------------------------------
「QAOA(量子近似最適化アルゴリズム)の収束性が曖昧なため・・・」と認めてさえいる。 これは、自分たちのアルゴリズムが、本物のコンピュータでより多くの 量子ビットを使って試されたときにうまくいくかどうかわからないということを示唆している。
----------------------------------------------------
記事のこの部分、大きな鍵のRSA暗号の解読がうまくいくのかはわからないことを 中国側も認めているように読める。

本日、富士通が出したニュース
マイナビ記事 富士通、量子シミュレータを活用してRSA暗号の安全性を確認

中国のRSA暗号解読ニュースによって混乱した国民を落ち着かせる効果はある ニュースなのだけど、かみ合ったものになっていない。
中国のRSA暗号解読はショアの解読方法を越えるアルゴリズムで解読できたというものだが、 富士通のRSA暗号の安全性の確認ではショアのアルゴリズムでは、まだ安全というものだからだ。

RSA暗号は大きな鍵でも量子コンピュータによって解読される可能性があることは、 以前から言われていたこと。今更と思うことにしています。

蛇足になるけど、以前、ヤフオクでパソコンの中古メモリを購入したときの話。 メモリの販売者は「メモリテストを3分間してみた結果、ノーエラーでした」 と記述していた。

購入後、メモリテストをすると3分間はノーエラーだったけど4分後にエラーが出た。 何度やっても4分後にエラーが出るメモリだった。

世の中、意地の悪い奴はいるのだと思った。
RSA 7680bitのICカードを作っておけば良かったと後悔することになるのではと思ってます


1月22日 高速道路で楕円曲線が落ちた場合にRSA 7680bit

僕の言いたいことはRSA 7680bitのICカードを開発すると運が良ければ国民負担が、かなり軽くなる。 開発しない場合は、楕円曲線に頼ることとなり悪いことが多い。 そしてデジ庁を支持するIT産業はデジ庁が楕円曲線を推進することで 税金が多く払われるほうがいいという構造なのでRSA 7680bit開発は消極的。

まず先に1月20日の日記
「RSAは終わらない - RSA 7680bit ICカードの実現可能性」
と1月21日の日記
「社会インフラで楕円曲線ひとつでは困りませんか?」
の日記を読んでください。

マイナンバーカードはRSAですが高速道路のETCカードは楕円曲線です。 楕円曲線が落ちると交通量が規制され経済的な損失が発生します。 そこでRSA 7680bitをバックアップにすることは考えられないだろうか。

高速道路では自動車が道路を移動しながら演算する必要があるために、 演算時間の誓約が非常に厳しい。大きな鍵長のRSAは困難と考えられていた。 ところが「RSAは終わらない - RSA 7680bit ICカードの実現可能性」 では0.1~0.2秒で演算できそうであることが判明。 楕円曲線とRSA 2048bitが同時に落ちてもRSA 7680bitに切替えれば交通規制による 経済的な損失を避けることが可能です。

父親が日本道路公団に勤めていたので、聞いてみたけど、もう辞めているからと返答された。 日本の高速道路の多くは2005年に分割民営化された日本道路公団が施工管理していました。 父親が北陸自動車道を管轄している建設局の局長だったときは偉かったらしい。 東名高速道路の建設にも名前を石碑に刻まれているみたい。

高速道路関係の人で興味があれば、僕のほうに直接ご連絡ください。 道路関係の人はナショナリストが多いような気がしています。 この国の未来を導ける、有力な組織かもと。

念のため僕はRSA暗号が解読されないということについては 一切保証しないことを予めご了承下さい。


1月21日 社会インフラで楕円曲線ひとつでは困りませんか?

RSAも楕円曲線も量子コンピュータによる解読のリスクはあります。 そして耐量子暗号が間に合わない説が浮上し、RSA 7680bitのICカードが非実用的 という評価によって楕円曲線への移行が進んでいるようです。

これでは楕円曲線暗号1つに頼ることになります。 RSA 7680bitのICカードがあれば楕円曲線が先に落ちた場合でも、 最悪の危機を脱することが可能です。

僕の全く根拠の無い予想で、この予想が当たっていると問題という話をします。 楕円曲線は鍵長が256~521bitです。 最近の量子コンピュータの量子ビット数は増大していますが 同時に安定する数の増加は緩やかです。 このためRSAより楕円曲線のほうが先に落ちるのではという 直観を持っています。
また楕円曲線は鍵長を大きくする度に、安全性を考えるコストが必要です。

社会インフラにはRSAと楕円曲線の2つは必要ではないだろうか?
RSA 7680bitのICカードは実現可能(昨日の日記)だと思われます。 やるのなら、急ぐ必要があるので、誰か立ち上がってください。 僕のSnakeCubeが絶対に必要になります。
RSA延命で当面を乗り切ると得をできる人はあるのですが、RSAが落ちると 損をするので、国民に無理に買わせるとロクなことが無いので積極的に 進める人がいないとRSA 7680bit開発は沈みます。 国民は国防的な考えも必要だと思います。


1月21日 海外の影響を受けないICカードとか

昨日の日記でRSA 7680bitのICカード開発案を書いていますが、 コントローラに8bit CPU WZeta を使うことで海外の影響をうけないICカードになります。 SnakeCubeもWZetaも僕の設計なので割安かもしれません。

WZetaは税金を使わない方針ですがWZetaを使ったほうが税金が安いというケースを除いています。 オープンソース開発の税金をWZetaに持ってこれる可能性はあると思います。


1月20日 RSAは終わらない - RSA 7680bit ICカードの実現可能性

Qiita、note、Crieit、spotliteに投稿しました。
「RSAは終わらない - RSA 7680bitのICカードの実現可能性」
Qiita : https://qiita.com/spinlock/items/43ff7c48f935cb5962ae
note : https://note.com/spinlock/n/n6a810a8a62c9
Crieit : https://crieit.net/posts/rsa7680
Spotlite : https://spotlight.soy/detail?article_id=b6xo02j2e
以下は投稿内容です
---------------------------------------------------------
RSAは終わらない - RSA 7680bitのICカードの実現可能性
---------------------------------------------------------
はじめに
RSAは終わらないというタイトルですが筆者(Naoki Hirayama)がRSAが安全であることを 保証するのではなくて既に量子コンピュータによって解読が懸念されているECDSAに 移行するつもりがあるならRSAは終わらないということです。
暗号移行を促すQiita投稿 : 「RSAの終わりの始まり - 暗号移行再び」
投稿者のラング・エッジ 宮地さんは、ネット上では有名な方のようです

上記、Qiita投稿ではRSA 7680bitのICカードは非実用的という評価によってECDSA(楕円曲線暗号)に移行すべきかを検討しましょうという流れになっているようなのでRSA 7680bitのICカードの実現可能性について考えてみます。

FPGAによるRSA 2048bitの実装結果
暗号プロセッサSnakeCube のWebサイトに詳しく書かれていますがRSA 2048bitの復号化1回の性能が1.74[ms]です。 これは概ねRSA署名1回の時間と同じです。
この実装結果で使われたFPGAはXilinxのコスト重視のFPGA(Artix-7)です。 さらにスピードグレードの一番遅いものなのでICカードへの実装可能性を考えるには良さそうです。 このXilinxのArtix-7シリーズは28nmの半導体です。28nmと言えば国が作ったTSMCの熊本工場の半導体と同じ。 ハードをソフトウェアのように書き込めるFPGAで1.74[ms]の性能が出るのでASICで開発すれば、さらに高速に動作します。

NAOKIの法則を使って7680bitの性能を予想
SnakeCubeは演算器ブロックを一筆書きで並べていくことで大きな鍵長に対応できて容易に開発可能です。 NAOKIの法則は、僕が作った法則です。 自分で言うと馬鹿っぽいですけど(笑)。法則と言っていますけど保証できるくらいの精度です。
このXilinx FPGA(Artix-7)に実装されたSnakeCubeでは中国人剰余定理(CRT)を使っています。 しかしICカードでは中国人剰余定理の脆弱性の対策が難しいので中国人剰余定理を使わないことを考えます。
中国人剰余定理が無い場合、おおよそRSA 1024bit復号化 1.74[ms]になります
NAOKIの法則から 鍵長を8倍の8192bitにすると演算時間は64倍になるので
1.74[ms] × 64 = 111.36[ms]

8192bitの演算器ですが7680bitの演算ではループ数が少なくて良いので
111.36[ms] × 7680 ÷ 8192 = 104.4 ≒ 105[ms]

結論
FPGAによる実機の実測値を使ってRSA 7680bit署名1回の演算時間を予想すると105[ms]の性能が出ます。 ICカードはFPGAより楽なASICで実装するためRSA 7680bit署名1回の演算時間 0.1~0.2秒のICカードは実現可能であるように思われます。
SnakeCubeはゲート間の配線が 局所化しているので高性能プロセッサにありがちな高価な配線材料は不要です。 ICカード向けの安価な実装ができるように思われます。
筆者はRSA暗号の高速な演算の実装方法、つまり筆者の発明SnakeCube を提案していますが、RSA暗号が解読されないということについては一切保証しないことを予めご了承下さい。
暗号プロセッサSnakeCubeはRSAほど効率良く演算できませんがECDSAも演算可能です。 また巨大整数の四則演算が高速なので困難性の異なる新しい公開鍵暗号を促したり、 新しいアプリでも利用できることを考えるなら暗号プロセッサSnakeCubeを、 ここで開発しておくことは、良いことだと思っています。

参考URL
FPGAによる実機で2048bit RSA復号化1回、1.74[ms]を記録した動画
https://www.youtube.com/watch?v=beaFg0x8Qj8
プレスリリース、暗号プロセッサSnakeCubeをマイコンに接続できる ソフトウェア「WZeta BIOS」を5月28日に提供開始 https://www.atpress.ne.jp/news/310208
---------------------------------------------------------


1月19日 産業スパイのサイバー攻撃で目の調子が悪い

目の調子が悪くなったのでベッドで寝ることもあるけど、起きてネットを見ていることもある。 しかし作業は完全に休んでいます。多分、頭の調子も良くない。


1月19日 産業スパイが放火するのと同じ扱いだと思う

自室で石油ストーブを使っているので火事には細心の注意を払っています。 自室では洗濯物を棚に積み上げていますが、棚から落ちた場合、 運が悪いとストーブの前に落ちる。洗濯物でも小さいものは、落ちても 石油ストーブの温風が当たる高さにならないので、燃える確率は低い。

燃えやすい大きな服だと危険なので、良く注意して見ていた。 ストーブの前に落ちる確立の高い場所に燃えやすい大きな服が置かれていたので、 慌てて見てみると、なんと!産業スパイによって棚にヒビを入れられていた。

棚のヒビが経年劣化によるものでないと思った証拠写真がこれです。 一番上の写真は僕の自室の部屋のドア。この部屋は株式会社iCanalでもある。 二番目の写真はドアの裏側で洋服をひっかけることのできる金具がありますが、 右に5cm移動させた跡が残っています。このためドアを開閉すると洋服が 大きく揺れて、洋服が落ちやすくなります。そしてストーブの前に落ちる可能性が高くなる。 三番目の写真は棚に入ったヒビが映っているもの。

これで火災発生確率は上がっています。火災が起きたときに僕を悪者にする 準備をしたつもりなのかもしれないけど、 産業スパイが放火するのと同じ扱いではないだろうか。

産業スパイのサイバー攻撃で頭が痺れて急にベッドに倒れることも、 頻繁に起きるようになったので、産業スパイによるサイバー攻撃が火災の 原因にされやすくなっていたのだろう。

火災保険屋が産業スパイを捕まえれば、火災確率が下がるし、 最近、かなり危ないことを、やりだした産業スパイを捕まえるキッカケにならないだろうか。

画像をマウスでクリックすると拡大されます


1月19日 耐量子暗号が間に合わない説が!社会インフラ大ピンチ!!

耐量子暗号が間に合わないという警鐘を鳴らすのはラング・エッジの宮地さん。ネット上では有名な人です。

Qiita投稿 RSAの終わりの始まり - 暗号移行再び

宮地さんのこの投稿によれば耐量子暗号が間に合わないからECDSAへの移行がオススメのようです。

ただ、量子コンピュータによる解読が懸念されるECDSAに、これからコストをかけて移行するよりは RSAの延命が良いと考える人はあるように思います。 現在、制定されている鍵よりも大きなECDSAを使うには、かなり税金の投入が必要だと思われます。 RSAの場合、鍵を大きくするのは容易です。RSA署名のスピードを維持するためのハードにコストがかかる 場合はありますけど。

宮地さんの投稿ではRSAはICチップのような非力なハードでは大きな鍵は非実用的と書かれていますが、 僕のSnakeCubeの発明があれば実用的に 可能なのではないかと思われます。

ECDSAが落ちた場合、RSAに移行できなければ、社会インフラ大ピンチとなるのです。 SnakeCubeの開発を検討したほうが良いように思われます。 RSAを選択できたほうが確率的に安全が大きくなります。
世界的にも、同じことが言えるはずです。 ただし僕はRSAが落ちないことの保証は一切しませんのであらかじめご了承ください。

欲望に走った数人が僕をリストラしたために、RSA延命が遅らされ、Windows11で必須となった TPM2.0による利益を日本は享受できず、日本が低迷するという事態となったのです。 原因となった人たちに、僕の頭の中から、ご退場いただいて、世界の危機をなるべく安全にする 方向に向かって、僕が活動できるようにと思います。悪い人たちを僕から剥がさないと、うまくいかないです。

高性能暗号プロセッサは、輸出規制が強化されているので、僕が政府と同期できないと、 少しの収入にもならないので、勝手に作ることができないのです。このために8bit CPU WZetaが進んでいます。 国内に限定して政府に依存しない方法もありますけど国内の有志が大変だと思うので、 政府が僕を受け入れられるように考えるほうが、現実的かな?

暗号プロセッサSnakeCubeはECDSAの演算も可能ですし、巨大整数の演算を高速にできる 数少ないプロセッサです。ここで開発しておけば、将来、楽になる可能性もあります。

知らない人もあると思うので念のために言えば、僕がまだ日立製作所にいた時代に、 総務省との打合せに何度か、参加したことがある。 政府認証基盤GPKIの件で、総務省の課長が日立の認証局に来訪したときの打合せに出席した中で、 日立製作所の中で一番、偉かったのが、僕だったという、笑い話もある。 総務省の人が僕の実物を見たかったという感じでしたけど。


1月18日 TZetaを搭載する16bitパソコンの可能性について

8bit CPU WZetaを16bit化したTZetaに 僕も期待をしているけどオープンソースのRISC-Vがカバーしきれない8bitの領域で世界一を 目指すことが、システムの開発コストや、地球環境対策が実現され、世界中の人にとって 良いと思っています。

わかりやすい実例なので、何度も使っていますがファミコンの8bit CPU 6502はZ80の チップ面積の4分の一であることが知られています。 同じようなことがWZetaでも言えそうです。(4分の一になるのかは、わからない) しかしWZetaはトランジスタ数(チップ面積)が少ない割に機能を盛り込んでいます。 世界中がWZetaになれば、本当に地球環境対策になると予想されます。

そこで、まずは8bit CPU WZeta搭載の8bitパソコンWZ-660を立ち上げることを考えています。

もう一つの理由はTZeta搭載の16bitパソコンをオープンアーキテクチャとして互換機を 作れるようにしてしまうと、僕の意向で閉鎖することができなくなります。 永遠に供給されるゲーム機になる可能性があります。今、国会でゲームの文化保存について 議論がなされているので、将来、保存の世話がいらないということでは良いのですが、 ゲーム業界として、あまり良く思われない場合がありそうなのです。

16bitパソコンは、まともなOSが動いたり、ワープロが作れたり、海外の影響を受けずに 作れたりします。逆に言えば、そのために非常に大きな妨害をされる可能性が大きく、 まず妨害を国民が抑えられるようにすることが、いいように考えます。

これはTZeta搭載のパソコンでなくても良いと思うかもしれませんが、僕が知る限り、 国産技術にこだわるなら、TZeta搭載パソコンが一番と思っています。


1月17日 産業スパイの攻撃で目がかなり悪くなった

暗闇の中でも少しの光で多くの物が見えるのが普通なのだけど、最近、全く見えなくなっている。 CPUに刻印された文字が読めなくなったり、明かりをケチった場所では障害物を認識できない。 階段から転んでけがをしたらどうするのだろう。

僕は在宅で一年中、ディスプレイを見ているけど、サイバー攻撃で頻繁に頭痛などを 起こしているので長時間連続してディスプレイを見ているということはない。

人によっては産業スパイと契約している人はあるのかもしれないけど、 僕にそういう話はない。

20:00
風呂から上がってきました。頭痛が痛いのであまり動けません。
24:40
風呂から上がって、そのまま寝ていました。頭痛で寝苦しい。 明るいところでも、映りが薄くなっていて、見えにくい。


1月17日 オープンソースで最大のCPU、RISC-Vの拡張命令Zcmt

RISC-Vが拡張命令ZcmtでWZetaのハードマクロ命令に似た拡張命令を追加したようです。 Zcmtの詳細についてはネットで調べてもらうとして、ここではハードマクロ命令の上位版と 思ってください。RISC-Vは小型のものでも32bitであり、しかもZcmtは高機能であるが故に トランジスタ数も、多く使用しています。 地球環境を考えるなら、省資源が売りのWZetaが優位であることには違いはありません。 同じことができるなら1円でも製造原価が安いほうがいいし、しかも地球環境に良いのです。 単にトランジスタ数が少ないというだけでなく、どこまで周波数を下げられるのかを計算しやすい WZetaは、教育をするのにも向いている。

拡張命令Zcmtを使ってみたいと思う人はWZetaのハードマクロ命令でも動作するように考えると 良いように思います。その際、注意してほしいのはWZetaは税金を使わない方針であることです。
RISC-VのZcmt拡張命令は256エントリ。WZetaは64エントリだけどWZetaの命令コードの 最上位ビットの解釈で新しいモードを追加する案もある。もしそうなれば64+128エントリにできます。 ただし最上位ビットの解釈を変更するので命令コード内パリティとか使えなくなる機能もでてきます。 それでも128エントリが便利なら、新モードの追加は考えられます。

8bit CPU WZetaは非常に良くできているので、潰れると惜しいと思って貰える人は 多いと僕は思っています。可能な限りWZetaを回避することを考えている人はいると思いますが、 回避不能であるように僕には見えています。にもかかわらず、回避してしまえば、 損したと思う人たちによって起こされる問題が大きいでしょう。

僕を中心としたWZetaによって経済を回せるようにしていくのが、良い考えだと僕は思っています。

間接的な対話では、最悪ケースを想定する場合が多いという実感です。 WZetaは8bit CPUのRISC-Vを目指しているのでよろしくお願いいたします。


1月16日 産業スパイのサイバー攻撃で『頭』が起動しない

産業スパイのサイバー攻撃で気絶しそうになってました。 ようやく日記が書けるくらいまで回復。
最近、目の劣化が厳しい。状態は一進一退を繰り返すため、劣化が酷くなっても、 あまり騒がないのだけど、長時間にわたって劣化が続いているので、騒ぐことに。

目に映る色が薄くなっているためATX電源のファンの回転がよく確認できなくて、 困ることが起きた。


1月16日 産業スパイのサイバー攻撃でHDDが起動しない

年末年始で自宅のシステムを全面的に更新しました。 旧開発機のHDDを念のためバックアップをしています。 しかしHDDに電源を入れるとスピアップ音が繰り返されてパソコンからHDDを認識することができない。

産業スパイの電磁パルス攻撃で、いろいろな電子機器に異常発生中!!!


1月16日 産業スパイにファイルサーバーをサイバー攻撃された(2)

産業スパイによるファイルサーバーへのサイバー攻撃が続いています。 なかなか開発のためのバックアップ作業に戻れません。 産業スパイはATX電源の電波攻撃や、ネットワークデバイスの電波攻撃を、 接触不良に見せかけて行っている。


1月15日 産業スパイにファイルサーバーをサイバー攻撃された

外部のネットワークと全く接続しないスタンドアロンのファイルサーバー。 主にMMD動画やLinuxのISOファイルなどを保管するのに使います。 ネットワークからダウンロードできる開発ツールなどのファイルでハッシュ値で後から検証できるものも含む。

年末年始に作った自作ファイルサーバーで現在はUSB-HDDに分散してバックアップされていたMMD動画を ファイルサーバーに集めているところ。

MMD動画のファイル転送なので、妨害しても、開発に影響はない。このため産業スパイが頻繁に ファイルサーバーにサイバー攻撃をしてくる。

コピー中、USB-HDDのUSB接続を切断されると、最初からやり直しとなるので、 なかなかファイルサーバーに動画を集めることが完了しない。

USB-HDDからMMD動画を転送した後は、USB-HDDは開発系のバックアップで使うため、 ファイルサーバーに動画を集める作業を完了しないと、開発も進まないという状況。

PCIeカードで増設されたSATAポートx4をPCケースの側面から引っ張り出している。 テーブルの下にHDDが、いっぱい隠れている。テーブルの鉄板の上で長時間運用していると、 どうもHDDの劣化が早い感じがするので、床に直接、HDDを置いている。 テーブルの下の鉄板にはパソコンと連動するATX電源が置かれている。連動するので便利。

画像をマウスでクリックすると拡大されます


1月14日 産業スパイのサイバー攻撃でUSB接続障害

産業スパイによって開発作業が妨害されている。 ネットワークに接続されないメインの開発機の動きが怪しいのでクリーン・ インストールすることに。現在のデータをバックアップするためのHDDを確保するために 動画の詰まったUSB-HDDから動画を自作ファイルサーバーに転送していた。

そして突如、USB-HDDのUSB接続が切断され、転送を、はじめからすることになった。

産業スパイの人体へのサイバー攻撃は、続いている。 僕の左目に画像は映っているけど物体を認識する能力が低下している。 左目を外側に引っ張ることも同時にしているので、認識能力が低下していたことに気づくのも遅れた。

僕が稼働不能になったときのことを考えていただけると幸いです。 どうして公然と出来るのか。

23:20
現在、目と頭が辛くなって作業が停滞しています。


1月14日 自宅にファイルサーバー作った

今回の年末年始でスタンドアロンのファイルサーバーを作りました。 1台のパソコンに13個のHDDが接続されるまでに成長。 RAIDを構成できるのが便利かも。 僕の使っているファイルサーバーOSはUSBのHDDではRAIDで使えないのですが、 SATAポートを4個増設するPCIeカードを使いました。


1月13日 産業スパイのサイバー攻撃でHDD電源ケーブル損傷

産業スパイのサイバー攻撃でHDD電源ケーブルが損傷しました。 妨害されながらの作業では、なかなか開発が進みません。

開発とは直接関係はないのですが、自宅内にスタンドアロンの ファイルサーバーを作ったので、開発データを保存しているHDDを 早めに交換しました。今までのHDDはファイルサーバーでMMD動画を保存するのに 使われます。LinuxのISOやXilinx Vivadoにも使われる予定です。

画像をマウスでクリックすると拡大されます


1月11日 マイコンのSRAMをDRAMにすれば省資源かも

マイコンではSRAMが使用されることが多くDRAMはあまり使われない。 SRAMもDRAMも、どちらも揮発メモリですがDRAMのほうが一般的には安価です。

にもかかわらずマイコンでDRAMが使われないのはDRAMはリフレッシュが必要であり、 リフレッシュ回路をCPU側で考えないといけない。 すいません。僕も本当の理由は知りません。

だとするならリフレッシュ回路をCPUに追加すれば良いのですが、一般のCPUの場合、 これが煩雑になる。ところがWZetaの場合は、単純に作れてしまう。 SDogコアは1ポートのメモリ1個で動作するように設計されたので、これがROMとDRAMに分かれれると、 DRAMのリフレッシュ回路が簡単に追加できるというもの。

これで世界中のマイコンの多くがSRAMからDRAMに切替わるようなイノベーションが 起きれば、地球環境対策になるかもと。


1月10日 Win11のプロダクトキーを産業スパイが勝手に運用

1月4日の日記で産業スパイが勝手にWin10のプロダクトキーを 運用しているという疑惑を報告しました。
ネットにはWin10のサポートがあと数年に迫っているという情報が流れていて、 既存のパッケージ版のWin10のプロダクトキーをWin11に無償で移行できる期間内に Win11にすることをしています。

1月4日にMicrosoftストアで購入したダウンロード版のWin11 Proのプロダクトキーが 未使用のまま保存されることになりそうです。24時間監視をしている産業スパイは、 これを勝手に運用する可能性があるのでMicrosoftの関係者の人は注意してもらえると 助かります。

1月4日、Windowsソフトの開発を始めるためVisual Studioを購入しようかとMicrosoftのサイトを 見てみたのですが、個人開発の人は無償のコミュニティ版のVisual Studioがお薦めという ポップアップが出てきたのでMicrosoftのウェブサイトのお薦めなら購入しなくても良いかと 思ったのです。個人でも法人向けのVisual Studio Proを購入できるのかと質問するのも 面倒だったし。

これまではVisual Studio 2008 Pro版やVisual Studio 2013 Pro版の通常版 を購入していたのですけど。

そこで割高なMicrosoftストアのWin11 Proのダウンロード版(28,380円税込み)を購入したのです。 既存のプロダクトキーの運用でも良かったのですが、無償のVisual Studioを安心して使いたかったので。 無償のVisual Studioが気に入らない人向けにVisual Studio 2013 Proと併用することも考えています。 参考までに言えば2013 ProではWindows XPで動作するものが作れます。

要するに
僕はWindows10のパッケージ版6個を購入していて、それを僕1人だけで使っている。 怪しいライセンスの人たちと同じ扱いというのは、あまりにも不愉快なのでMicrosoftさん、 よろしくお願いいたします。


1月9日 産業スパイのサイバー攻撃で体が痛い

体が痛いので横になっています。


1月8日 「Huの下限値」の理論を使ってマルチコアの性能向上

WZetaは小型のマルチコアのマイコンとして圧倒的な能力になることが予想されるため活躍が期待されます。

WZetaを発明、開発している僕は大学時代、 早稲田大学の元副総長の笠原先生が指導教官のマルチプロセッサの研究者(1994年 修士卒)でした。

笠原先生は、マルチプロセッサのアルゴリズムCP/MISFの発明で博士を取得していますが、 当時、研究室は3班で構成され、そのうちの1班がタスクスケジューリングアルゴリズムCP/MISF、 DF/IHSの研究をしていました。 僕は、その中でCP/MISFの研究をしていました。

CP/MISFを使えば「Huの下限値」の理論により効率的に準最適な解を見つけることができます。 (この効率的な方法のことを一部の卒業生は『枝刈り』と呼んでいた) ただしプロセッサ間の通信遅延がゼロという理論計算機の場合に限った話でした。

実際の計算機でプロセッサ間の通信遅延がゼロというのは現実的には不可能です。 そこでプロセッサ間の通信があった場合でも準最適な解を見つける方法を研究するのが、 CP/MISFの研究班の役割でした。

僕は2021年にハードウェア開発者コミュニティelchikaで
「FPGAに実装できる超軽量な自作CPUをオープンソースで公開」
を投稿し「elchika AWARD 2022」 に応募したところ、いくつかの秋葉原の電子パーツの通販店から賞品をいただけることになり、 本気でCPU、WZetaの開発をはじめました。

そして偶然、プロセッサ間の通信遅延がゼロになるマルチコアを発明したのです。 ゼロ遅延マルチコアと呼ぶことにしていますが、 コア間の通信遅延がゼロなので並列処理のオーバヘッドが無いため、 従来では不可能だった並列処理が可能になるとともに 「Huの下限値」の理論により、効率的に準最適な解を見つけることができる ということでもあるのです。

このように理論武装されたマルチコアWZetaは、全世界的に普及するのではないでしょうか


1月7日 産業スパイのサイバー攻撃で、どんどん壊れていく

自宅の開発環境を含めたパソコン環境を整備しています。 Windowsの再インストールなどをしていますが、マザーボードのマニュルの文字が 小さくて読めなくなっている。読みにくいではなくて、読めない。

これで現在もなお、産業スパイのサイバー攻撃で僕が壊されていることが わかると思うのです。

産業スパイは記憶を破壊する攻撃も使っているので、僕の物忘れにしたかったのかもしれないけど、 さすがにメモリをむき出しで保管することはない。

現在も産業スパイのサイバー攻撃で頭が痺れていて、あまり動けていない。 パソコン環境を整備くらいは、寝たり起きたりを繰り返しながら、できるだろうけど。


1月6日 8bit CPU WZetaは従来に無い優れた特性がある

マイコンをマルチコア化するとシングルコアよりも悪くなる場合もある。 そういったケースの1つをWZetaのゼロ遅延マルチコアはクリアしている。 この壁を越えたことでマイコンのマルチコア化が今後、進むと思います。

今回はマイコンで必要となる割込み応答性能の話をします。 これはシングルコアからマルチコアにすることでかなり改善する場合があります。 WZetaは極小のマルチコアマイコンを作れます。地球環境とコストの改善が見込めます。

さらにWZetaのSDogコアは複数コアでメモリアクセスが競合しても遅延することが無いので、 最悪ケースの見積が、さらに改善され、計算しやすくなります。 1コアのアーキテクチャ的な性能が低いことでもあるのですが、8bit CPUに要求されるのは トランジスタ数の少ない小型なCPUであることなので、問題が無いのです。 小型の領域では、一般のCPUの常識とは、違う世界があった。これを発見(発明)した。

この発明の過程には、一見、どうみても不利となるスタックを排除する 決断ができたことがあったのです。 鋭く常識を疑うことができたこと。全ての常識を疑うのは愚かだけど。

非常に気分を悪くされる方もあると思うのですが、文系の良くわからない人で、 このCPUを潰せば、お金を貰えると思っている人があると、いけないと思ったので、 この日記を書きました。

このWZetaの遅延は、思っているよりも、 この国、そして世界にとって損失だと言いたいのです。

●8bit CPU WZeta https://wzeta.idletime.tokyo/


1月6日 Windowsプロダクトキー不正利用事件の補足(2)

自宅からパソコンのメモリが盗まれている。正確な数はわからないけど3~7枚以上。 Hyper-Vを試したくてDDR3の4GBを買ったはずが無くなっている。 amazonの注文履歴に残っていた。(amazon、たまに注文履歴から消されることがあるけど。 パスワードでログインできるから、産業スパイが勝手に消すことができる)

Windowsのプロダクトキーの不正利用事件と関係しているのかもしれない。 Windowsのライセンス認証はメモリなどのハードの情報を取得しているから。 PCIのネットワークカードも、盗んでライセンス認証の不正利用に 役立つようにしているかもしれない。

産業スパイは、証拠隠滅、アリバイづくり、情報工作などとても上手いから。 アリバイを作り過ぎなところが、たまに仇になることもあるようだけど。

良く考えてみると日立製作所は僕が日立の寮に住んでいた時代に 僕の自宅の合鍵を作ることが可能だった。

プロダクトキー盗難事件の問題を小さくするために、 いろいろ奔走している産業スパイの姿が目に浮かんだ。 たまたま盗難されたメモリの写真があったので公開。

他にも、産業スパイが、いろいろ盗んでないか心配。 産業スパイも末期症状か。秩序ある日本になるようにと思う。 念のために言うと、僕は1人で開発しています。 開発機材を貸し出したことは無い。 想定しているのは、僕が誰かと共同開発しているということだけど、そういうことは無いです。

画像をマウスでクリックすると拡大されます


1月5日 Windowsプロダクトキー不正利用事件の補足

昨日の日記に書いたのでMicrosoftのプロダクトキー管理をしている人が僕の プロダクトキーについて調べているかもしれない。そのための補足なので、 普通の人は読む必要はありません。

2008年頃、FOXCONN G31MX-KのマザーボードのPCを1台購入したのですが、 2台に増えています。結論を最初に言えば、僕は正しくプロダクトキーを運用している。 悪いのは産業スパイ。

ドスパラに記録が残っていると思いますが、ある日、G31MX-Kのパソコンの電源が 入らなくなった。そこで故障原因を調べるために、いろいろなパーツを 交換してみたのですが、原因がわからないまま、ドスパラ中古店で同型の マザーボードを手に入れた。マザーボードを交換しても、パソコンの電源が 入らなかったので、ついに原因がPCケースの電源スイッチの接触不良であることが判明。

時は流れてWindows10の発売前、Microsoftが開発者向けにWindows10のライセンスをタダで、 プレゼントしてくれる企画があって、元々のG31MX-Kのパソコンのライセンスを取得。

無事に2台ともライセンスがある状態で運用されています。

また同一のマザーボードの複数のHDDに、HDD毎にWin10 Proのパッケージ版を入れて 運用したこともありましが、現在はSSD 1個での運用になっています。

最近、気づいたのですが、この電源スイッチの接触不良は、産業スパイの サイバー攻撃によるものだろうと推測しています。 当時はドスパラに、壊れやすい電源スイッチ、どうにかしてくださいという苦情を 連絡したと思いますが。 産業スパイは、断線した電源ケーブルを使った技とか、接触不良系の攻撃は、 非常に多用しているみたいなので、みなさんも、ご注意してください。


1月5日 ICF3(1999年)の公式サイトのSSL証明書

この日記は興味のある人だけですが、興味のある人もあまりないかもと思っています。

僕の暗号プロセッサのサイトが2つあって、どちらも、あまりアクティブでないので、 どちらか一方のSSLサーバー証明書をLet's Encryptにしようと思っていました。

OpenICF3 ICF3(1999年)についてのサイトという状態

SnakeCube ICF3の演算器を画期的に高速化した暗号プロセッサ

少し脱線しますが、SnakeCubeは巨大四則演算プロセッサと画期的に高速化した演算器の間で データ転送が頻繁に起きるので演算器だけの高速化の研究をしてもSnakeCubeにはならないかもしれない。

OpenICF3は1999年に世界一だったこともありEV SSL証明書を使ったこともありました。 そしてSnakeCubeのサイトの更新が止まっているのでSnakeCubeのサイトのDV証明書をLet's Encryptしようとしました。

しかしながらオープン系のサイトはLet's Encryptが多く、これから商売を考えるかもしれないサイトが無償の証明書というのは、 何か、違っている感じがしたので、OpenICF3のサイトのほうをLet's Encrypt証明書にします。 来月にはDV証明書の期限が切れるので、その後、OpenICF3の サイトはLet's Encrypt証明書になります。


1月5日 自宅のパソコン環境を整備

一昨年の1月にサイバー攻撃され、その対策として自宅内からルーターを排除しました。 ルーターが設定通りの動作をしていないのです。ルーターを排除した結果、 光モデムに全ての宅内機器が直接接続することになったのですが Windowsのファイアウォールの機能でサイバー攻撃を防ぐことなった。 しかし、たまに接続するパソコンがファイアウォールの設定がされていないことが多く、 セキュリティが甘かったのです。

今回の整備で、これを対策しました。


1月4日 MicrosoftへWindowsのプロダクトキーが不正利用された

MicrosoftストアでWindows11 Pro(28,380円税込み)を購入しました。 すると産業スパイが騒ぎ出したので気づいたのですが、どうも僕のWindowsのプロダクトキーを 不正使用していたらしい。

僕はパッケージ版を6個所有しています。 パソコンにプリインストール済みのものも4個、Windows10の開発関係で1つライセンスを 貰ったものもありますが、両親のパソコンの分は含まれていません。 そして今回の購入はMicrosoftストアのダウンロード版を購入しました。 Windowsソフトの開発をしているという理由もありますが、 1人にしては、ちょっと多い数かなと思っています。

考えてみるとパッケージ版は、新しいパソコンに移行できるタイプなので、 産業スパイが勝手に使っていても不正利用には見えない。 産業スパイは僕を24時間監視しているわけですから 僕がパッケージ版のライセンスを何回使用しているのか、知っているので 安心して不正利用できた。 最近はサイバー攻撃回避のためにオフラインでWindowsを 使っていることが多いので、不正利用がバレにくい。

ネットには激安なライセンスキーも出回っているので、Microsoftが黙認している ことなのかもしれないけど自分のライセンスが不正利用された分くらいは日記に 書いておきたかった。

同じような事件が過去にMicrosoft Officeのライセンス認証でも起きている。 Skype IDとMicrosoftアカウント統合のドサクサにまぎれて 僕のアカウントのまま不正利用され、それを知らない僕はライセンス認証が 通らずに困ったという話。


1月2日 産業スパイにファイルサーバーを攻撃された

恐らく産業スパイのサイバー攻撃でスタンドアロンのファイルサーバーがトラブルを起こした。 中古HDDの使い道としてファイルサーバーを作りました。 主な目的はメインのパソコンから溢れたMMD動画を保存するためですが、 FPGA開発環境のセットアップファイルの保存にも使えます。
XilinxのVivadoは年々、肥大化して現在は90GBを越えるファイルとなっています。 開発環境を構築するごとに、 毎回、ダウンロードするとXilinxやネットワークが 高負荷となるためファイルサーバーは役に立ちます。

Vivadoのファイルをファイルサーバーにコピーしているとファイルサーバーの ネットワークがハングしました。 産業スパイに時間を奪われていることが問題。


1月2日 産業スパイにeSATAをサイバー攻撃された

先日、産業スパイはUSB3.0にあまり金が払われていないから使うなと言っていた。 このためマザーボードのSATAポートを外部に引っ張り出すeSATAポートを取り付けた。 USB2.0とeSATAの兼用のHDDで性能を測定するとUSB2.0では30MB/sだが、 eSATAでは4MB/sの性能だった。eSATAポートにSATAのHDDを付けると100M/sの性能は出ている。

ここで思い出したのはUSB2とeSATA兼用I/Fを持ったHDDケースが、早々に壊れたこと。

思うことはあるけど、取り急ぎ、産業スパイに時間を奪われていることが問題。


1月1日 産業スパイのサイバー攻撃がファイルサーバーに

ネットワークに接続されないファイルサーバーなので産業スパイのサイバー攻撃は USB切断攻撃が多い。しかしUSB2.0の機器にも攻撃をするようになった。 産業スパイに時間を奪われている。日立への怒りが増加していくと思って貰えると。

このファイルサーバーは24時間稼働させるものではなく、 動画ファイルを捨てるような感じでコピーするときしか起動しない。


1月1日 8bit CPUのオープンソースWZetaは全世界的に役立ちます

まだ1人でWZetaをやっています。 WZetaの命令セットを読んだくらいではWZetaが優れているのか、わからないかもしれないですが、 実際に使ってみると、既存の8bit CPUより、はるかに優れていることが、わかると思います。 またWZetaは、少ない資源で作れます。 仮に同じ資源から3倍以上、CPUを生産できれば全世界的に役立ちます。 ファミコン誕生物語(ページ下の方)が参考になるかも。

WZetaは僕をリーダーから引きずり降ろすことは困難です。産業スパイを諦めさせる時が 来たのです。少なくとも産業スパイが僕に絡んでいる状態では、この国の経済的な損失は大きいので、 どうにかすべきです。

全員が既存の有名8bit CPUのZ80、6502を勉強してWZetaと比較できれば、 楽しいかもしれない。 しかし、限られた時間を、どの技術に投資をして、回収するかを考えるなら、 いろいろなCPUを勉強する時間はありません。 WZetaを学習すれば、役に立つような社会にしていくことも重要です。 この国の未来を考える人たちに協力してもらえればと思っています。

8bit CPU WZetaを普及させるためにはWZeta利用の敷居を下げることだと思っています。 いくらオープンソースといえども寄付集めに奔走すれば、普及の妨げになると思っています。 僕のケースではお金による寄付ではなくも 産業スパイの追い払うことで良いため、お金がなくても全員でやれるのではと思います。

8bitCPUの敷居を下げた結果、僕の活動資金を得ることが困難になるため、 8bitパソコンでは、何らか、稼げる方向を模索していますが、現状は、 基本永久無料でなければ、やっぱり普及しないと思っています。

世界初のWZetaのゼロ遅延マルチコアを機能を有効にしたライブラリ、OSなどの有料化を 考えています。

これについては暗号プロセッサSnakeCube で儲けさせてもらっても良いと思っています。SnakeCubeは巨大四則演算器の起源となる 暗号プロセッサです。世界の計算機の歴史に大きく残るものとなるはずです。 ですので、これについても、なるべく考えていきたいと思っています。

いずれにせよ、産業スパイに泥棒されたものを取り返すことは必要だろうと思っています。


12月31日 Win98のFDD起動でBIOS書込みをした

僕はパソコンの管理もできるんだということを説明する日記。 普通の人は読み飛ばして問題ありません。

恐らく産業スパイのサイバー攻撃でBIOSを書き換えられている。 もちろんTPMのついている最新のパソコンではない。 産業スパイ対策のためパソコンのBIOSを再度、最新版にした。

2008年頃に購入したFOXCONNのマザーボードG31MX-KのBIOSを最新のBIOSに 書き換えるのだけどWindowsXP/2Kではツールが対応していなくて苦労しました。 WindowsMEのCD-ROM起動では、CD-ROMドライブを認識せず、 Win98系の起動ディスクとFDDドライブを探し出して、ようやくFDD起動で BIOS書き換えを行いました。その際、現在のBIOSファームを取り出しました。 再度書き込んだバージョンと取り出したバージョンでは同じBIOSIDの G31M04-GA.F1.P.14なのですが、かなり値の違うことが判明しました。

データ領域が違うというよりコードが違うという感じでした。 双方のBIOSファームをCD-Rに書き込んで保存したので、 興味がある方は、ご連絡ください。


12月30日 産業スパイのサイバー攻撃で頭が悪くなってる

産業スパイのサイバー攻撃で右腕を攻撃され「痛っ」っと声をあげることが 1日に5回くらいある日々が昨日まで続いた。 基板やチップに刻印された型番が読めなくなっている。ここ1年で確実に目が劣化している。

産業スパイは圧倒的な武力による支配で、日本の舵を切ることができることを言っている。 複数の支配者がいては、物が決まらないデメリットを問題にしている。

産業スパイを長いこと見てきて思うのは支配の方法。とてつもなく汚いために争いが絶えない。 争いが絶えなかったら、やっぱり物が決まらないということ。

僕個人の問題になるけど、父親が僕に生命保険に入るように薦めてくる。 僕が殴り倒される準備をするより産業スパイをどうにかするようにして欲しいと僕は訴えている。

例え話をすると、青色LEDの発明によりノーベル賞を受賞して1億円のところを殴り殺せば、 1億円得できるとか、そういう発想を、みなでどうにかしなければ、 この国を見放す科学者が増えて当然。この国の中堅リーダーである人たちは、もう少し、 秩序ある国にしていくことをやるべきではないだろうか。


12月29日 年末年始は動画のためのファイルサーバー

今年の年末年始は動画のためのファイルサーバーを作るので8bitパソコンの開発作業は、 しばらくお休みです。
サイバー攻撃で頭が痛いですが、ファイルサーバーを作ることくらいはできそうです。

インターネットや自宅のパソコンにファイルサーバーを接続すると、サイバー攻撃の直撃を 受けそうなので、スタンドアロンのファイルサーバーを作ります。 スタンドアロンのファイルサーバーなんて意味あるの?という状況ですが、 サイバー攻撃の直撃は避けなければならないので。 メインのパソコンに接続できないので不便です。 ほとんど見ない動画を、どんどん捨てるような感覚で、コピーしていこうかと。

僕と同じように動画が溜まってきて置き場所に困る人は増えてきていると思います。 そこで古いパソコンと古いHDDでファイルサーバーを作るのですが、 NASの機器を販売している人たちの邪魔と言われないような一般家庭向けのNAS OS とかあるといいなと、ちょっと思いました。

NASなどの機器を自宅に置くとNASが勝手にネットショップで買い物をする心配が、 増えるみたいで、認証ハードの普及が期待されるところです。 認証ハードのCPUに僕のWZetaは非常に良いと思います。8bit CPUにしては高速ですが、 絶対値は低いので、あまり強力な暗号化ができない。強力な暗号化が可能だというだけで、 ブレーキをかける人があるので。数万円の残高しかない口座では、そのほうがいいかなと。 いろいろ、考えてみないといけないと思いますが。

そういえば軽量な公開鍵暗号のひとつにエドワーズ曲線デジタル署名があってSSHなどで 既に実装されているとか。8bit CPUでは、これでもあまり軽量ではないのかな。 WZetaのモンゴメリ乗算はCC0 で公開しているので、参考まで。


12月27日 産業スパイのサイバー攻撃でパソコンの音声の劣化

僕が日立を2005年に退職後、数か月後に左耳が聞こえなくなった。恐らく産業スパイのサイバー攻撃によるもの。 その後、7割ぐらい回復したが音楽鑑賞に耐えない。左右の耳が聞こえなくなることが、しばらく続いたが、 最近は安定してる。
今日、MMD動画を再生中、スピーカーから音が出ているのかは両耳では判断できなかった。 スピーカーの振動している膜を手でさわって調べると右スピーカーの音が出ていないことに気づいた。

右スピーカーのコネクタが少し緩んでいるのを発見したが、音声のコネクタは同軸のもので、 しっかりとしているので、コネクタの緩みで音が止まっているわけではないことに気づいた。

僕がコネクタをぐるぐる回転さえるのに合わせて、産業スパイが接触不良のような音声を スピーカーから発生させている。 そして産業スパイは、スピーカー以外でも接触不良のイタズラを非常に多数やっている。

大事なことは、これは産業スパイに纏わりつかれながら、偉くなっている人たちにも言えること。 そろそろ産業スパイが行き過ぎた場合に備えて、取り締まりを考えるべきだと思う。


12月27日 Win11のサンドボックスでWZ-660エミュレータが動作

Win11のサンドボックス(仮想マシン)でWZ-660のエミュレータが動きました。 サンドボックス内の隔離されたOS上でエミュレータが動作するので比較的、安心して エミュレータを使うことができそうです。 サンドボックスの設定ファイルでネットワークもDisableにできるので、ゲームが インストールされたWZ-660のエミュレータで遊ぶことも、できそうです。

サンドボックスの設定ファイル(.wbs)にホストと共有するフォルダなどを記述して、 .wbsファイルをダブルクリックするだけで、従来仮想マシンよりずっと高速に起動します。

もはや仮想マシン上でゲームを起動するという感覚ではなくてホストマシン上で WZ660エミュレータのゲームで遊ぶことができるという感覚です!
Microsoft凄いです。 昔、僕がChromeブラウザの中で安全にゲームができるように作ったPNaCL QEMUPNaCL ONScripterが、OS標準で、しかも高速に動作するようになった。

画像をマウスでクリックすると拡大されます


12月26日 産業スパイが反社会的活動をしている

2011年の東日本大震災による夏の電力不足を考えるために僕は、2011年6月に約3週間をかけて 独立電源のソーラーパネル(100W)をベランダに設置しました。

しかし産業スパイのサイバー攻撃でソーラー発電システムのチャージコントローラーが度々、 破壊されています。今回で4回目か、5回目くらいの破壊です。 2022年冬も政府から節電要請が出ていますから、産業スパイは反社会的な活動をしていると言えます。

発電による環境効果よりは、ソーラー発電に詳しくなったことでソーラーパネルの悪い運用を、 度々見つけることに成功できたことが環境に対して大きかったかもしれない。 現在は、屋根裏部屋の明かりとして活躍しているので、多少は発電も貢献するようになっています。 新しいチャージコントローラーをamazonで注文しました。

ソーラーパネル1枚の運用で得られるノウハウが大きいことを知るが、最近は、 地球環境のために、何でもタダみたいな考え方では、良くないのだと思うようになってきた。 再生可能エネルギーについて効率的に考えられる人を多くすることで、 再生可能エネルギーの提供者は、無理なくお金を得て、人々は無駄な出費を抑えることがいいのかな。 最近は防衛費の話もあるのか。

あまり正確な表現ではないかもしれないが従来研究の約10倍の性能の暗号プロセッサアーキテクチャ SnakeCubeが発明されて4年以上が経過しています。 半導体プロセスの進歩で高速化されたわけではなくて、アルゴリズムの発明で10倍高速になったという意味です。 この発明を活かすべきなのですが暗号で使われることもあるので僕が政府と連携を 取らなければいけません。

逆に言えば産業スパイが、僕に張り付く必要は無いのです。産業スパイが張り付いたままでは、上手くいく話も、 上手くいかない。僕を回避することを頑張っている人もあるのですが、その将来を考えるなら、 産業スパイに諦めてもらうことが日本国民には良いと思います。半端な状態では、きっと上手くいかない。

暗号プロセッサの発明を活かすことを考えながら、8bit CPUのオープンソースは省資源CPUとして、 世界に役立つものとなるので、開発を進めています。

妨害ばかりして反社会的な産業スパイが成仏すれば、皆にとって良いのかもしれない。 一時的には抵抗されますが、それを見越して成仏させましょう。

(僕の個人的な感想は、日本を支配する日本人のロジックは、僕には信じられないくらい劣悪だった。 日本人全体にとって最悪のことを最初にやっている。一時的には甘い汁をすすれた人も多いけど。 必須ではないのですが、社会の秩序を、なるべく負担なく考えられる人に交換したほうが良い。 そして一貫した意志決定が可能な状況を作ることも重要。)


12月25日 パソコンの部品を1台分くらい購入した

パソコンの部品を1台分くらい購入した。 開発で使われているパソコンは5台くらい。さらに動作検証用として3台。開発のために休遊させているPCが1台。 サイバー攻撃で開発が進んでいないので、あまり効果的には利用されていないが、経年劣化はしていくので、 やむを得ず、パソコンパーツの補充をすることに。最近はMMD動画を沢山、購入しているため保存用の ストレージも入っていますが。


12月24日 サイバー攻撃で自宅のソーラー発電システムダウン

産業スパイのサイバー攻撃で自宅のベランダに置いている100Wのソーラーパネルのシステムがダウンしています。21日のシステムダウンではチャージコントローラーを リセットするだけで復旧しましたが、今回は1日が経過していますが、まだ復旧していません。

写真をマウスでクリックすると拡大されます


12月24日 iPadが起動しない。またサイバー攻撃されました

父親のiPadが起動時のアクティベートがうまくいかない。
iPad起動時のアクティベートができない原因は何だろう?

(1) アップルが平山家を良く思わないのでイジメをした
(2) 平山家を良く思わないDNS技術者によるサイバー攻撃でアップルのサーバーに接続できない
(3) 光モデムのWifiチップを自在に操れるハッカーがサイバー攻撃で(1)か(2)に見えるようにタイミング良く通信を切断している

いろいろ原因は、考えられるけど、やっぱり(3)かなぁ。

なんで独立行政法人IPAのサイバー犯罪窓口に連絡しないの?と思うかもしれない。 現在は誰が窓口をしているのか、わからないけど、以前はIPAの業務を日立社員がやっていた。 今も、あまりかわらないのかもしれない。日立をリストラされたあと、サイバー攻撃されまくる リスクは日立社員は考えておいたほうが良いのかもしれない。

数あるネットワーク障害原因の中でDNSをピックアップした理由は、僕のパソコンでも DNSが不調であるような現象が見られたから。おかげでDNSが暗号化されていなかったことに気づけたけど。
先日、DV SSLサーバー証明書を無料のSSL証明書に切替えて1日で有料の証明書に戻す作業をしました。 これを見たハッカーは今後のことを考え無料証明書の問題をサイバー攻撃で示して、有料の証明書 買えみたいなことを、やってるのかな。でも政府系ハッカーでないと、これはできないよね。 IT産業の活性化の手伝い。


12月23日 産業スパイが開発パソコンへサイバー攻撃

産業スパイのサイバー攻撃により開発パソコンが被弾。麻痺状態に陥りました。 Cmod S7を使ったWZ-660互換機の設計図を作成するためのパソコンです。 Cmod S7を使ったWZ-660互換機はCPUのクロックが100MHz近く出でますが、安価です。 そして基板を簡単に作れるような改善をしています。

産業スパイのサイバー攻撃は、ほぼ、みなの迷惑となっていると思います。 産業スパイには有効な言い訳はありません。

税金を投入して急ぐ必要はないですが、無駄な妨害を抑止して、 省資源CPUの開発を進めることが全世界的に好ましいと思われます。

このためには産業スパイの妨害を止めることかと思います。


12月22日 WZeta開発進捗(進捗なので数日後、削除します)

DigilentのFPGAボード、Cmod S7が到着した。佐川急便だったけど配達の人は、 僕への直接手渡しにこだわったのか、自宅の庭の前で僕が1Fに降りてくるのを 待っていたようだ。

11月3日の日記でWZ-660の基板概略図を公開したけど、 Cmod A7とCmod S7で共用できることを意識したため今回、購入したCmod S7ではキーボードの あたりで部品数が多くなっている。そこでCmod S7専用の基板概略図を作ることに。


12月22日 昔、アセンブラの仕事をした話

前置き
日立製作所の大型コンピュータを開発する事業部でのこと。 僕は暗号プロセッサICF3(1999年)の開発後、ICF4の開発検討を開始していたが、 次機種の大型コンピュータではIBM製の暗号プロセッサを採用することが決まった。 そしてIBM製の暗号プロセッサへ移行するための仕事をした。 ここでも僕の数学の才能が発揮され、僕は大活躍するが、この日記では省略する。 2016年の僕のブログ の最後のあたりに、少し書いている。ざっくり言うと誰も解けないパズルを解いた感じ。

本題です。SNS上の情報が偏っていて実際の開発現場を、学生は少しでも 知っておいたほうがいいかもと思ったので、この日記を書いています。

開発の仕事が無くなってIBM製チップのバウンダリスキャン(検査)の高速化の 仕事をすることになった。僕が大型コンピュータの仕事を始める前は日立のCPUだったものを IBMのCPUに置き換えている。IBMと日立ではバウンダリスキャンの方式が異なっているので、 日立の検査回路のアセンブラを変更して対応していた。 ところが、全然、最適化されていなくて、バウンダリスキャンにかかる時間が膨大なものになっていた。 これは検査回路を開発している日立の関連企業が悪いわけではなくIBMと連絡を取れる人が いないから。

IBMと連絡を取れる課長は、既に高速化のアイディアを持っていて、僕に話す。 関連企業の人がアセンブラのソースコードを僕に持ってきたのだが、 何のCPUのアセンブラなのか、わからなかった。

事業部における開発の大原則は「最小限のコストで最大の利益」

課長は上からの命令でプロジェクトの利益の最大化をする。 部下のスキル構築は、全く考えないためエンジニアは使い捨てとなる。 大企業では、どんどん優秀な若い人が入るから。

アセンブラはCPUごとにかなり異なる言語だけど、基本は同じでMOV命令や加減算や 論理演算命令だ。ソースコードにMOV命令や加減算の命令が書かれているので ソースコードから基本的な命令は、だいたいわかる。そもそも基本命令の全てを 理解する必要も無い。高速化という目的を達成するために必要な命令列を作れれば良い。 数日の作業の後、関連企業に納品して、仕事を終えたが、

最後までCPUが何だったのか、知る機会はなかった。

余計なことは考えず1秒でも早く納品することを考える。 知識欲を抑え込むのは、苦痛を伴なう。過去の日立の開発現場のことだけど、 現在の日立がどうなっているのか、日立が嫌いな僕は知る方法がない。


12月21日 産業スパイのサイバー攻撃で開発作業が妨害される

産業スパイのサイバー攻撃でテスターなどの計測機器が狂わされる。 人体へのサイバー攻撃は非人道的ということで、人体への攻撃が軽くなったかわりに 電子機器へのサイバー攻撃が厳しくなった。

電子機器へのサイバー攻撃は使い方によっては人体に影響が無いので 問題が小さいのかもしれない。しかし8bitパソコンで省資源CPUを普及させ地球環境対策を、 無理なく世界的にやろうとうプロジェクトの妨害では問題です。

産業スパイを倒産させてやってください。

テスターが1秒ごとに乱数を表示するようになった。しかし壊れているわけではない。 産業スパイがタイミング良く乱数表示させることで電子工作を混乱させる攻撃だ。

本日、ベランダソーラー のチャージコントローラーがシステムダウンした。リセットで再開している。

写真をマウスでクリックすると拡大されます


12月20日 8bitパソコンでVGAやPS/2採用による地球環境効果

8bitパソコンWZ-660のWZPC規格は、僕が策定中ですがPS/2の採用を残念がる人たちもある。 40年前の日本の8bitパソコンは各社が独自の規格で作っていたので、海外にうるさくいわれることが無いからだ。
VGAもPS/2もネットで調べるとIBMが策定し、仕様が絶版になっているという情報もある。 僕は、何故か日本のパソコン規格、AXパソコンの協会に足を運ぶこともあったが、 VGAやPS/2の詳しい状況は知らない。

ただ中古のパソコンから部品を抜いてWZ-660で使うことができることは、地球環境に良さそうです。 画像はコレガのパソコン切替器(KVMスイッチ)のケーブルにブレッドボードに刺すためのジャンパーワイヤーを、 接続したもの。

ただワイヤーを差し込むだけでハンダ付けすることなく使えそう。 強く引っ張ることがなければワイヤーが抜けることはなさそう。 針金で補強をすれば試作なら安心して使える。

注意すべき点は、このケーブルはVGAとPS/2 2つを1本にまとめている。 ネットを調べても切替器メーカーの独自仕様。テスターで1本1本信号を調べる必要はある。 しかし使い道のなくなったケーブルが8bitパソコンで役立つのは、ちょっとうれしい。 ←まだ実際に動作させていない

写真下の上側はメス-メスのケーブル、1個のパソコン切替器から1個しか抜き取れない。 写真下の下側はオス-オスのケーブルで1個のパソコン切替器(4台)から4本抜き取れる。 さらに別売のケーブルも存在している。オスーオスのケーブルのほうが入手性がいい。 ただジャンパーワイヤーを接続するのには、少しだけ苦労するかもしれない。 後から好きな長さのケーブルを延長できるのはメスーメスのほうなので、メスーメスのほうが便利かもしれない。

写真をマウスでクリックすると拡大されます


12月20日 産業スパイのサイバー攻撃で脳が痺れて作業が進まない

サイバー攻撃による脳の痺れは軽くなっているので作業ができるようにはなっている。 十分に作業ができるという意味ではない。そして目が見えにくい状況が続いている。全体的に色がうすくなったり、 移っているものが認識できなくなったり。パソコンの部品を作っているが、手元が見えない。 見えないまま適当にやっている。辛い。


12月20日 TOSHIBA USBメモリを分解してみた

ネット上でKIOXIA(旧TOSHIBA)のUSBメモリの 分解記事が流れていた。
前置き
この記事に影響されたというよりは産業スパイのイタズラに困っているからかもしれない。 普段とは別のパソコンで動画の多数あるフォルダを開くと一瞬でフォルダを開くことができたので気が付いた。 普段のパソコンは産業スパイによって動画フォルダを開けるのに数十秒から数分かかるようにサイバー攻撃されていた。 Microsoftがこういったイタズラを取り締まれると思うのだけど。産業スパイに時間をムシリ取られている。

今年の4月に推定、産業スパイのサイバー攻撃で破壊されたTOSHIBA USBメモリを分解することに。 破壊されるケースは、あまり多くは無い。今回は破壊されたみたい。

並行輸入品だけど、刻印を見る限り、本物っぽい。分解記事の型番と上位7文字が一致している。 ほとんど使わないうちに破壊されました。

写真をマウスでクリックすると拡大されます


12月19日 8bitパソコンWZ-650から660へ

数カ月前にFPGAボードのCmod S7が世界的に在庫切れとなったためWZ-660から 廉価版のWZ-650の開発へ変更しました。その後、ツイッター騒動でバタバタしているうちにCmod S7が 入荷されたみたいなので、再びWZ-660の開発に戻します。

本日、秋月電子でCmod S7を購入しました。 価格は1,1680円でした。


12月18日 産業スパイのサイバー攻撃で脳が痺れて作業が進まない

産業スパイのサイバー攻撃で全身痛の後、強力な眠気で何度も眠らされ、夢見も多少、悪い。 長年のサイバー攻撃で累積脳劣化が著しい。偏差値15を切ると日常生活はできても目を開けているだけとなる。 産業スパイを取り締まれないだろうか。


12月18日 WZetaパソコンのコミュニティを作った

mixiにコミュニティ「WZetaパソコン」を作りました。クローズドなコミュニティなので、発言しやすいのではと思います。
https://mixi.jp/view_community.pl?id=6375180


12月17日 産業スパイのサイバー攻撃で脳が痺れて作業が進まない

産業スパイのサイバー攻撃で全身痛の後、強力な眠気で何度も眠らされ、夢見も多少、悪い。 作業を再開し始めたが断続的。産業スパイの動きを封じてWZ-660で儲かれる世界を考えるほうがいいと思うのだけど。 暗号プロセッサについてもお忘れなきよう。


12月17日 [回想]元国会議員の叔父が大麻合法化活動をしていた話

朝日新聞で大麻の記事がいくつかあったようです。
「大麻由来のてんかん薬、治験で国内初投与 解禁へ法改正の動きも」
医薬品としての大麻の知識を新しくしました。以下は過去の話です。

叔父、平山誠 が国会議員になって、その後、大麻合法化活動をしていた2014年ごろの話。

平山誠は、遺伝子的には繋がりが無い叔父ですが3親等です。僕が子供の頃は 任天堂の カラーテレビゲーム6(1977年)などのおもちゃを買ってくれる、いいおじさんでした。

叔父は国会で高速増殖炉もんじゅの運転再開を反対した人です。 そして僕は推進側の日立に就職している。国会で反対していた時は、既に僕は日立を退職していましたが。 僕と叔父とは、これ以上は無いくらい真逆な人間だと思っています。

叔父が国会議員を辞めた後、ある日Facebookで叔父からメッセージが届いた。 携帯の電話番号を教えると、叔父から電話がかかってきて、大麻合法化活動の話をした。 「俺たちには大麻という武器がある」という発音で大麻合法化活動の仲間に入らないか誘われた。

それは武器ではなくて、真面目な人をも廃人にして汚い金を得るための物だと思っていたので、 僕は大麻は大反対だった。Facebook上でも大反対のメッセージを叔父にいくつか送っている。 そんな中、大麻の有効成分について説明をする東大卒の先生のYouTube動画のURLが送られてきた。 一見、大麻が有効であることを立証する動画なのだけど、良く見ると大麻が有効だと言っている わけではなくて「大麻は有効か?」という疑問形だった。

東大卒の先生がおっしゃられているのだから大麻は有効だと説得されそうになるのですが、 動画の中盤まできて、やっと「大麻は有効」と言った。そして、 その根拠が第二次世界大戦中の資料だった。どうみても、戦争のどさくさにまぎれて大麻を 有効ということにした資料ではないかと、わかる。

まとめ。僕が大麻に巻き込まれて、僕が大麻でキチガイにされる心配をしてくれる人は、 ネット上に、かなりいるのですが、知らない人もあるかと思ったので、 僕と大麻との関係についての説明をしました。僕は大麻について十分に警戒しているので、 大麻が問題になることは無いと思います。


12月16日 マストドン「箕面どん」を退会

マストドン「箕面どん」を退会しました。箕面どんは大阪府箕面市がテーマのマストドンです。 そこで関西方面の人へのアクセスのためにアカウントを作ったのですがmixiにアカウントを作成したため。

参考までmixiのpremium会員(月額330円)になってみた。
spinlock 12月12日の日記


12月15日 JavaScript版mozjpegのサービスを終了しました

クライアント側で動作するCUIのmozjpegが動くサービスを閉鎖しました。 サーバーや通信コストなどのコスト削減のため。サイトは跡地として残してあります。
●サービスを終了したサイト
https://deadloop.icf3.net/web/


12月14日 JavaScript版ffmpegのサイトを閉鎖しました

クライアント側で動作するCUIのffmpegが動くサイトを閉鎖しました。
GNUから寄付のお願いの封書が届いたのですが、収益のないサイトの運営では費用捻出に 困ったのでサイトを閉鎖させました。

最近、毎年
Red Hat Enterprise Linux Developer Suite (99ドル/年)
を払っています。親の年金で生活している状況では、良く頑張っていると思うのですけど。
●閉鎖したサイト
https://neo.icf3.net/


12月14日 産業スパイのサイバー攻撃で脳が痺れて作業が進まない

産業スパイのサイバー攻撃で全身痛の後、強力な眠気で何度も眠らされ、夢見も多少、悪い。 ffmpegのサイトを閉鎖する作業しかできなかった。PS/2のドキュメント読む作業すらできない。苦しい。
時々、物凄く固いブロッコリーが食卓に出る。僕が親に、食べられないと言うと、スティックセニョールという野菜で、 食べられるという返事が返ってくる。 カタカナ文字にすれば育ち過ぎたブロッコリーを、あたかも普通の野菜のように見せているのかと思った。 まさにチョップスティック(割りばし)のような食感。

そういえば10年以上、みかんを食べていない。食卓テーブルには常時、みかんが置かれているけど、 房の皮が厚くて、実は酸っぱくて、皮を剥くのが困難という、みかんを、いったいどうやって 定常的に仕入れているのだろう。規格外というレベルではない。

チョップスティックも、大幅に規格外な、みかんも気合を入れても食べることは難しいけど、 毒では無いのだろうと思うと、まだマシかなと。


12月13日 ネギの入ったラーメンが食べたい

ネギの代わりに雑草が入ったラーメンで生活している。うまくない。
親の年金で生活している状況をどうにかしないといけないのか。 僕が生まれてからの計算を誤魔化して、日々の数十円単位の管理は、とんでもなく、間違っている。 決算をすれば、産業スパイの破産で終わる。そうすれば産業スパイの妨害がなくなるので、 8bitパソコンが商業でうまくいくとか、いろいろ明るくなりそう。
産業スパイが僕から搾取してきたものを取り戻せるだろうか。


12月13日 産業スパイのサイバー攻撃で脳が痺れて作業が進まない

産業スパイのサイバー攻撃で全身痛の後、強力な眠気で何度も眠らされ、夢見も多少、悪い。 頭痛が減ったのでインターネットの閲覧は可能になったけど、目から入ってきた情報が、その場で揮発して、 文章が理解しにくい状況。
ここ数日間、WZetaの作業は完全に停止しています。


12月12日 mixiのアカウントを作りました

ツイッター以外のSNSのアカウントも念のため、作ってみました。 mixiが移行先の候補みたいなネット上の記事も、いくつかあったのでmixiにアカウントを作りました。

spinlock 12月12日の日記

mixiは関西の学校や地域のコミュニティが充実しているので中学、高校、市の 3つのコミュニティに入ってみた。


12月10日 早大、笠原研のオンラインのOB会に参加

本日、ZOOMによる成田/笠原/木村研のOB会があったので最初から最後まで参加していました。

大学の世界ランキングの話を含め、いろいろと興味深いお話が聞けたように思っています。 イギリスのオックスフォード大学が7年連続で1位なのだとか。

僕が学生だった30年前には既にベクトルプロセッサのスパコンが絶滅寸前だった。 最近またNECあたりで復活していると思ったら、研究室でベクトルプロセッサを、 やるとか、やらないとか。多分、僕の暗号プロセッサSnakeCubeを取り込むことを 想定しているのだと思うのですが、僕の予想はSnakeCubeを取り込むことは、 技術的に難しい。ただ僕がアクセスしやすいところにあるということは言えるかも。
仮に僕がいるなら、いっそベクトルプロセッサではなくてタイムスタンプ サーバーかもしれない。NTTデータとか民間での需要は考えられるかも。

OB会の最後にあった研究室の学生さんたちの近況ではFPGAに興味のある人が大勢いる ことに少し驚きました。いろいろ僕の都合もあるのですが僕の8bit CPUに興味があれば 気軽に、ご連絡ください。


12月9日 近日中にWZ-660エミュレータの無料配布予定

8bitのオープンソースのCPU WZetaは主に理系の先生方や、 雑誌関係の方々にメリットがあるように思っています。 省資源に特化したCPU WZetaを省資源に使うためのノウハウを整理して、学生に教えてあげることは、 これからの世界で役に立つことだと考えます。 WZetaを学んだ全ての学生が、それで十分な給料を得られるのかというと、難しいのかもしれない。

学生が輝く早稲田の未来へ!

僕ができることはWZetaを搭載するゲーム向け8bitパソコンWZ-660のエミュレータを 無料で配布することくらい。

日本のみなさんに言いたいのはWZetaが日本の産業に与える影響は大きいと僕は思っています。 税金を使わない方針なので、急速に伸びていくことは無いかもしれませんが、 みなで意識的に実現していきましょう。 類似8bitパソコンで最も実用性が高く、学生が選ぶべきパソコンだと思っています。

WZ-660エミュレータの進捗ですが、実機のPS/2キーボードの実装をしてからと 思っているのですが、作業が完全に停滞しています。 しかし近日中に無料配布します。

無料配布後、マシン語テクニックの本を作れば、売れることはあるかもしれないと 思っていますが、早いもの勝ちなので、自由に(勝手に)やってください。 単純な計算のマシン語は、現状のシミュレータでも、 遊んでみることができると思います。

ご質問などがあれば、とりあえずMisskey.ioのチャンネル 「WZeta討論」のほうへ投げてみてください。 早稲田の学生さん以外でも、構わないので。

写真をマウスでクリックすると拡大されます


12月9日 僕の中学の成績は改竄されている

この日記は僕の人生に興味のある人向け。それ以外の人は読み飛ばしてください。
ツイッターの混乱を理由に関西方面のSNSにアクセスしていたのですが、 中学のときの成績について、少し書いておこうと思ったので日記にしています。

既に多くのことを過去の日記に書いているのですが、もう少し追加して書きます。 長々書くと読むのが大変だろうと思うので、手短に参考情報を書くと、 僕は暗号プロセッサSnakeCubeで、 阪大卒を粉砕している。なので次の暗号プロセッサは阪大卒ではなくて僕がやるべきだと思っています。

僕は小学校6年から高校3年まで、ずっと大阪府池田市の学校に通っています。 東京の小学校から大阪の小学校に転校して、東京弁の僕は普通にイジメにあっている。

3年、年下の弟も同じなのだけど大阪府で一番の北野高校に入っている。 弟はスポーツ(球技)が得意だったせいか大阪のクラスに溶け込むのが早かったのかもしれない。 弟が中学1年のときに時の総理大臣、中曽根氏が池田市の渋谷中学に訪問して テレビ放送されたのだけど、訪問した学級は、よりによって弟が学級代表だった。 弟が中曽根氏に質問しているところがテレビ放送された。 当時の僕は、そういうことも、あるんだなと思ったが、 僕の生まれる前から、仕組まれていたのかと思うこともある。

僕の話に戻すと、北野高校への進学パスポートをもらった子供は、 全教科10段階評価で10になると、中学の先生は、言っている。 中学2年の理科の成績が10段階評価で7だった。 これだけで僕の中学の成績が改竄されていると言える。 これは通知表の誤記ではない。 テストを返された後、採点誤りではないかと、理科の先生に不平を 訴えたが却下されている。(16方位の問題)

そして数学の3年間の成績が、巧みだと思っている。 何年か前、僕が親の本当の子供ではないことに気づいたのだけど、 日本の政治に忙しい人が、子育てできずに、日大卒の父親に託したのかもしれない。 つまり、僕の数学の才能を、どうやって隠すのかが、関西コアな人たちの課題だった。 そして、その答えが、以下の成績だと思った。

1年 9 9 9    女の先生M
2年 10 10 10    男の先生T(クラスの担任)
3年 9 9 9    女の先生M

1年の成績から、小学6年のときに、僕は北野高校へのパスポートを失っていると、 読める。全部9にするとバレるから、どこかで10を付けなければいけない。 そこで2年のときに固めて10を付ける。しかし、クラス担任が数学の先生で、 自分のクラスの子を優遇したというように見せることができる。

北野を逃した僕は府立池田高校に入ることなったが、池田高校では当然、 トップクラスの成績だった。このため?1年の途中から駿台予備校に呼ばれた。 2年のとき駿台予備校では現在の最上位クラスの1類の上に、特類が新設された。 そして僕は特類の数学コースに入る。 特類(スーパーコース)で難しい東大の入試問題を、いっぱい勉強することになる。 このおかげで僕は数学を語ることができる。

既に東大に入るレベルになかったが、東工大に入って、トップクラスの成績になると、 厄介だと思ったのか、僕は東工大の受験日に下剤を盛られ、途中棄権となっている。

中学校の話に戻すと、音楽の先生Yが、高校受験について、繰り返しおっしゃられていたこと。
北予関(きたよーかん)
池予関(いけよーかん)

北野高校のパスポートをもらって北野高校に入って、予備校を経由して、関関同立(関西私大のトップ4)に入るのか、 池田高校に入って、予備校を経由して、関関同立(関西私大のトップ4)に入るのか。

そのまんま、だと思う。

参考まで、北野は第一学区だけど第一学区の2番目は池田ではなくて豊中。

僕は高校受験で、親に早稲田実業を受けるように言われた。 また早稲田実業向けの勉強はしなくて良いと言われている。 そして3年の受験が近くなる頃、数学の先生Mに、早稲田実業の図形の問題を持っていった。 授業後でクラスの全員がいるなか、その場で解くことができず、ちょっとだけ恥をかいてもらったのかもしれない。
僕も早稲田実業、落ちましたけど^^;

子供の僕は、何も気づかずに、親に言われたことを、していただけなのだが、 大人になって、気づいた。


12月9日 僕は、日本語の文字は優れていると考えていた

僕は、日本語の文字は優れていると考えていた。 漢字と平仮名の混在は速読しやすい。情報を素早く吸収するのに便利なのだ。

最近、気づいたのは何故か、カタカナだけの単語の文字が読みにくいこと。 1秒に1文字づつ識別していかなければ、ならないこともある。 無論、英字の文字は、読みにくい。

要するに日本語の文字が優れているのではなくて、産業スパイによって識字能力を 低下させられていた。1億の国民が、僕と同じようになる心配はないだろうか。

産業スパイを捕まえる方向で、東大卒(早大卒?)や、英語屋の地位を取り戻しては、どうだろうか。 このまま産業スパイを放置していると商売に困ることも起きるような気がします。


12月9日 産業スパイのサイバー攻撃でAndroidが故障

産業スパイによるサイバー攻撃でAndroidのUSBに接続するBlueToothのジョイパッドを 破壊されました。経験的に、数か月後、何事もなかったように正常動作することは、 あるのですが、今回はどうだろうか。

ジョイパッドがないとVR動画の操作に困る。飛躍するけどVR機器の売り上げに 響かないだろうか。

ちょっと前の話になるのですが地デジの録画機器が、操作している最中に毎週録画の機能が消えた。 地デジの電波でファームをアップデートできるように設定していたからだけど。 このくらのことで地デジを見なくなっている。放送局は、この事実を把握したほうがいいのかもしれない。


12月9日 早大、笠原研OB会2022年の再募集

早大、笠原研OB会の担当からメールが来ました。 欠席の連絡をされた方も、再度、出席の連絡が可能みたいです。

僕が開発している新種の8bit CPU WZeta はCPUコア間のデータ転送の遅延がゼロという、 非常に特異なマルチコアを作れます。

マルチコアによる並列処理の高速化で悩まされるのがデータ転送の遅延です。 これがゼロになると、どのくらいのメリットになるのかが、 良くわかるのは長年、マルチコアによる並列処理を研究している笠原研のOB・OGの 方々だと思っています。

8コアによる並列処理で1コアの1.2倍の性能では実用化できず、 嘆いた経験があるのではないでしょうか。

ゼロ遅延マルチコアの場合の倍数が予測できて、実用化のメドを立たせる 見通しを得られることも、あるような気がしています。

笠原研OB会と記述していますが、正しくは成田/笠原/木村研です。 笠原先生の博士論文、CP/MISFが話題になっていると思ったので笠原研OB会と記述しました。
僕がOB会で発表することは無いのですが、ZOOMで参加しています
ご興味があるOB・OGの方は、参加をしてみてください。 当日、僕の体調不良で参加できなかった場合は、あらゆる連絡手段を使って、 連絡してください。
なお、僕は研究室と全く連絡を取っていないので、ゼロ遅延マルチコアなどの問合せは、 すべて僕のほうにお願いします。


12月8日 産業スパイのサイバー攻撃で脳が痺れて作業が進まない

産業スパイのサイバー攻撃で頭痛、全身痛の後、強力な眠気で何度も眠らされ、夢見も多少、悪い。 8bit CPU WZetaは、現在まで僕1人で、やっています。この遅れによる影響を考えて、いただければと。


12月8日 SNSにWZetaについて投稿できる場を作った

ツイッターは継続予定なのですが、他のSNSを見直しているところです。 Misskey.ioにはチャンネルとうい機能があってトピックについて投稿できる機能があるみたいです。 このチャンネルを使ってWZetaのトピックを立ててみました。

Misskey.io チャンネル WZeta討論

討論と書いていますが雑談と読み替えてください。 是非とも気軽に参加してください。 投稿するには多分、Misskey.ioのアカウントを作る必要があります。

WZetaは税金を使わないことを方針としています。よろしくお願いいたします。


12月8日 [回想]早稲田に誰よりも早くC++を流行らせたのは僕

興味の無い人は読み飛ばしてください。 早稲田関係の人でも平山 直紀って誰なの?という人は多いと思ったので回想の日記です。

1992年、大学4年生になって時間に余裕ができたので早稲田の隣に 東大卒が作ったソフトハウスでバイトをしていた。NEC PC98向けの囲碁ソフト「AI囲碁」を MSXのような日本の共通規格AXパソコンに移植する仕事にありつけた。 ビットマップを描写する小さいプログラムをAXパソコンに移植するというもの。 共通規格のはずなのだけど、グラフィック処理は各社独自仕様だった。 AXパソコンではないけどTOSHIBA DynaBook(J3100)が1ドットを描写するBIOSしかなかったので、 1ドットの描写だけでビットマップを描画する小さいプログラムを作った。 これでまともな速度で動作するのかが、非常に気がかりだったのだけど、どうにか使えるレベルの 速度だったので、ほっと一安心できたのでした。

大学4年のときに研究室に配属される。僕は現、副総長の笠原先生の1期生として入った。 1期生ではあるのだけど上の学年で成田研に入り笠原研に入った人もあるので、僕より上の学年の先輩は存在する。

DNSの研究で有名だと思われる藤原先輩 とともに笠原先生のCP/MISFの研究を続けてやっていた。 僕は修士で卒業することが決まっていたので、数に数えられていないのかもしれないけど。

大学院1年になる前に藤原先輩に早稲田大学のデータセンターのアルバイトを誘っていただいた。 そして修士を卒業するまでの2年間、お手伝いをさせていただいていたのです。

当時はインターネットが流行り出したころで研究以外にもインターネットを通じて いろいろ勉強することができた。そこでC++を独学している。 卒業論文のプログラムをC++で提出したのは、早稲田では、僕が初めてではないだろうか。

大学のデータセンターでは僕ができる仕事が無くて困っていたというのがキッカケだが、 藤原先輩にデータセンターのGNU gccのバージョンを1から2に上げましょうという提案を僕はした。 そこで、すぐにgccのバージョンを上げる提案が通りgccのバージョンを上げる作業をしました。 その後、数学科の落合先輩からデータセンター全員宛のメールでgccのバージョンを上げると、 研究室で古くから使っているプログラムが動作しなくなるなどの問題が起きるから、 バージョンアップによるメリットが無いなら辞めてくれというような苦情が僕に来た。

そこで「gccのバージョン2で強化されたC++のtemplate機能が便利です」と返信したのです。 そして現在、C++ templateは非常に役立つ機能になっている。

追記
大学卒業後、10年以上が経過していたと思う。 卒業後、会社の遼に入って自宅に置き去りにしていた荷物から、 身に覚えのない研究室のコピー機のカードが出てきた。 卒業直前に研究室のコピー機のカードが盗まれたという事件があったのだけど、 どうも、僕を犯人に仕立てた奴がいたのだと思った。
世の中、悪い奴は、いるのだと思った。僕はあまりコピー機を使うことが無い。
追記2
鳥人間コンテストのサークルで主翼のリブを印刷する紙を大学のデータセンターから盗んだのは、 僕ではなくてNECに入った2年下の後輩。


12月7日 経済産業省による半導体・デジタル産業戦略の現状と方向性について

この日記で特に僕が、それほど意図するものはありません。最近の半導体の状況を掴もうと思ってYouTube動画を見てみました。
半導体・デジタル産業戦略の現状と方向性について(経済産業省 齋藤 尚史)

僕の進める省資源CPUと競合する内容は無くて安心して見ていられた。動画の最後のQAでSHマイコンの河崎さんが 質問をしていたようです。

動画では最先端の半導体研究開発を日米共同で行うという説明をしていました。 説明を見て思い出すのは、かつてIBMのCPUを日立の大型コンピュータに導入してIBM互換の暗号装置を 開発した僕の経験かも。


12月6日 産業スパイのサイバー攻撃で脳が痺れて作業が進まない

産業スパイのサイバー攻撃で頭痛、全身痛の後、強力な眠気で何度も眠らされ、夢見も多少、悪い。


12月4日 産業スパイのサイバー攻撃で脳が痺れて作業が進まない

産業スパイのサイバー攻撃で脳が痺れを感じるというよりは視神経、思考がうまく動いていない。 頭痛、全身痛の後、強力な眠気で何度も眠らされ、夢見も多少、悪い。


12月3日 16bit CPU TZetaはリトルエンディアン

現代ではCPUの統一が進みエンディアンを知らない世代になっているのではないだろうか。 CPUには大きくビッグエンディアンとリトルエンディアンの2種類あります。 (あるいは両方に対応するもの)
IBMの大型コンピュータやSun SPARCはビッグエンディアン。Intel x86はリトルエンディアンです。

普段、高級言語しか使っていない人はエンディアンを意識することはないかもしれないですが C言語やアセンブラでは、この違いが大きく問題になる。 ソフトウェアを両方のエンディアンへ対応させることはコストがかかるので、 どちらかに集約させたいと思うだろう。現在ではリトルエンディアンが優勢のようです。

現在、8bit CPU WZetaを開発していますが、次の段階では16bit化したTZetaを計画しています。 TZetaはリトルエンディアンにすることを考えています。


12月2日 産業スパイのサイバー攻撃で脳が痺れて作業が進まない

産業スパイのサイバー攻撃で脳が痺れを感じるというよりは視神経、思考がうまく動いていない。 頭痛、全身痛の後、強力な眠気で何度も眠らされ、夢見も多少、悪い。



暗号プロセッサ OpenICF3